全国の債務整理できる弁護士・司法書士の料金比較サイト

任意整理で携帯電話スマホはどうなるのか?利用し続ける方法とは

携帯電話(スマートフォン)は、私たちの生活にはなくてはならないものの1つです。貸金業者等からの借入金の返済が滞りがちな人には、携帯電話の料金(通信料・端末代金)の支払いも遅れがちという人が多いですから、任意整理をすると携帯電話がどうなるのかということについて関心のある人も多いかと思います。

 

任意整理後も携帯電話を使用し続けたい場合

携帯電話が利用停止や強制解約となると、様々な場面で不都合が生じますから、任意整理はしても携帯電話だけはそのまま使い続けたいと考えている人は多いでしょう。その場合には、携帯電話会社を任意整理の対象としないことで対応することになります。
 
任意整理では、どの債権者と交渉するかは基本的に自由ですから、そのような取り扱いが可能です。また、携帯電話の料金は、対応していても数万円程度にとどまっていることが多いでしょうから(それを超える場合には既に利用停止となっているでしょう)、任意整理から除外してそれを完済するということで、基本的には問題ありません。

携帯電話(会社)を任意整理の対象とする場合

ほとんどの人が携帯電話をそのまま使用していたいと考えるでしょうから、実際の任意整理でも、携帯電話会社は、その対象から除外されていることが多いと思います。しかしながら、任意整理の時点で、携帯電話が利用停止となっているほどに延滞状況がひどい場合には、そのまま利用し続けるメリットもすでに失われていますので、携帯電話会社も任意整理の対象とした方が、借金から解放されるという大きな目的との関係では良いように思われます。

任意整理と携帯電話の新規契約

任意整理したことと携帯電話の新規契約には、直接のつながりはありません。携帯電話の料金未払いの情報については、携帯電話会社で共有されていますので、携帯電話の未払い分を完済すれば、携帯電話会社を除外して、他の貸金業者等との間だけで任意整理したことは、携帯電話の新規契約には何の影響も与えません。

 

他方で、携帯電話会社も任意整理の対象とした場合には、この債務が完済されるまでは、他の携帯電話会社とも通常の契約をすることはできませんから、その際にはプリペイド式の携帯電話(これは料金未納の影響を受けずに契約できます)を購入するということになります。

端末の分割払いは信用情報の対象となります

携帯電話やスマートフォンを新規に購入(機種変更する)場合には、携帯電話の毎月の利用料金(通信料)と合わせて端末料金を分割で支払うという方が最近は増えています。このようなセット料金のサービスは、ナンバーポータブル制度が運用されてからキャリア(携帯電話会社の)変更が簡単にできるようになったこと背景に、顧客離れを食い止めるための携帯電話会社のサービスの一環なのでしょう。

 

しかし、借金の問題との関係では、複数の契約が1つの支払いにまとめられてしまっていることになるので、面倒な問題を生じさせる場合があります。携帯電話の利用料金(通信料)は、これは純粋な利用料金ですから、いわゆる借金の類いではありません。他方で、携帯端末の利用料金は、割賦(かっぷ)販売契約に基づく分割払いということになりますので、これは信用情報の対象となります。携帯電話会社もこの事業者として指定信用情報機関に加盟しています。

 

携帯端末の分割払いが信用情報の対象になるということは、それに延滞があったときにはブラックリストに掲載されることになります。支払いが通信料と1つにまとまっていますから、「携帯料金は携帯料金」という感覚を持ちがちですが、携帯電話端末の分割払いが残っているある場合には、本人としては通信料の延滞だという認識でいたとしても、クレジットカードの審査等に悪影響がでる場合もありますから注意しなければいけません。

 

また、端末の分割払いが信用情報の対象となるということは、他の貸金業者について任意整理(債務整理)した場合には、携帯電話の契約はできても、携帯端末の分割払いは契約できないということになりますから、この点でも注意が必要となります(一括払いで購入する分には何の問題もありません)。

 
「債務整理の解説書」目次はこちら
借金の基礎知識から、債務整理に関するすべてのこと(任意再生、特定調停、個人再生、自己破産、過払い請求の請求)について分かりやすく解説しています。



error: Content is protected !!