全国の債務整理できる弁護士・司法書士の料金比較サイト

トップ都道府県一覧福岡県福岡市中央区大濠公園駅

大濠公園駅の債務整理・借金返済に強い弁護士なら 無料相談含む11選

大濠公園駅内の債務整理を行っている法律事務所(弁護士事務所、司法書士事務所)を格安店から高級店まで近い順で一覧にまとめました。任意整理、自己破産、個人再生、過払い金にかかる費用を掲載しています。※表示順は中心からの近い順です。駅から半径1km以内の店舗のみ表示しています。
こんな方におすすめのページ
  • 大濠公園駅で債務整理できる事務所を探している方
  • 債務整理の注意点や事務所を選ぶポイントを知りたい方
  • 評判良い安心の事務所を探している方
  • 大濠公園駅で債務整理を考えている方におすすめのサービス

    今すぐ相談可能!弁護士法人アドバンス

    チャット形式で簡単に相談可能な債務整理相談。債務整理のご相談は何度でも無料。明朗会計でわかりやすく説明してくれます。3万人を超える任意整理・過払い金回収の実績があるスタッフが常駐しているので素早い対応で悩みや心配ごとを解決してくれます。

    債務整理無料診断シミュレーター

    3分で債務整理したらどれくらい減額できるのかシミュレーションすることができます。無料・匿名で利用できるので、とりあえず現状を把握したい方におすすめです。しつこい営業などもありません。

    大濠公園駅付近の債務整理を行っている事務所一覧

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴
    任意整理費用一社につき2万円 (消費税込み) 過払い金請求がある場合成功報酬として和解金額の20%
    個人再生費用金34万円 (消費税及び諸費用込み) 但し、再生委員がついた場合金額は、異なる場合があります。
    自己破産費用金22万円 (消費税及び諸費用込み) 但し、管財事件の場合金額は、異なる場合があります。
    過払い金費用記載なし

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴九州一円対応致します
    任意整理費用最初の取引から利息制限法超過の借入の場合 定額報酬 1社につき 5,400円 減額報酬 (手続前残高ー手続き後残高)の 5.4% 最初の取引から利息制限法内の借入の場合 定額報酬 1社につき 43,200円 2社以降(1社につき)27,000円
    個人再生費用個人再生 基本報酬 定額報酬 216,000円 個人事業主等の場合 324,000~ 債権者報酬 債権者報酬 5社まで1社につき 21,600円 6社以降1社につき 10,800円 ※基本報酬と債権者報酬の上限は40万円。但し個人事業主は除く。 その他費用 裁判所への予納金等の費用 予定金額 30,000円 再生委員が選任された場合 50,000円~250,000円程度 住宅ローンがある場合 住宅ローン特則 住宅ローン特別条項 21,800円 契約を変更する場合 54,000円
    自己破産費用報酬 債権者5社まで 216,000円 債権者6社以上 270,000円 個人事業・会社経営者 54,000円加算 管財事件になった場合 10,800円加算 実費 同時廃止事件(一律) 20,000円 管財事件(予定) 250,000円
    過払い金費用記載なし

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴減額報酬なし、過払い金の成功報酬13%~で福岡で最安値水準の料金 相談料・着手金・過払い金計算が0円 福岡で400件以上の債務整理解決実績
    任意整理費用着手金 0円 着手金、初期費用はいただきません。 ご相談~取戻しまでお客様自身にお持ち出しいただく費用は1円もございません。安心してご依頼ください。 基本報酬・作業報酬 1社につき 3万円 分割払いにて対応いたしますので、ご安心ください。 減額報酬 0% 当事務所では、お客様の返済のご負担を少しでも軽減するために減額報酬をいただきません ※最低報酬としてお一人様5万円とさせていただきます。 ※過払い金の返還に成功した場合(残債務がなくなりプラスになった場合)は、返還金額の13%(訴訟を行った場合は15%)をいただきます。
    個人再生費用基本報酬 (住宅ローンなし) 15万円 個人事業主の場合は別途5万円をいただきます。 基本報酬 (住宅ローンあり) 20万円 住宅ローン特則付再生事件の場合 個人事業主の場合は別途5万円をいただきます。 債権者割報酬 2万円/1社 債権者1社ごとに基本報酬に加算
    自己破産費用相談料・着手金 0円 着手金、初期費用はいただきません。 基本報酬 9万円 個人事業主の場合、50,000円が加算されます。 債権者割報酬 2万円/1社 債権者1社ごとに基本報酬に加算
    過払い金費用着手金 0円 着手金、初期費用はいただきません。ご相談~取戻しまでお客様自身にお持ち出しいただく費用は1円もございません。安心してご依頼ください。 基本報酬・作業報酬 3万円 過払い金の返還に成功した場合のみ、費用をいただきます。 取戻報酬・成功報酬 返還金額の 13% 過払い金の返還に成功した場合のみいただきます。 ※訴訟提起により返還に至った場合は15%。 ※最低報酬としてお一人様5万円とさせていただきます。

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴無料でお見積りもいたします
    任意整理費用報 酬(税別) 債権者1社につき 30,000円 実 費 通信費等 減額報酬(返済額が減額したことに対する報酬)はいただきません。
    個人再生費用基本報酬(税別) 150,000円 ※住宅ローン特則あり+50,000円  債権者割報酬  1社20,000円 実費 ①裁判所手数料(10,000円) ②裁判所切手代(債権者数に応じて) ③予納金(11,928円) ④通信費等
    自己破産費用基本報酬(税別)90,000円 ※個人事業主は+50,000円  債権者割報酬 1社20,000円 実費 ①裁判所手数料(1,500円) ②裁判所切手代(債権者数に応じて) ③予納金(破産管財人なし:10,290円破産管財人あり:約22万円~) ④通信費等 破産管財人が選任される場合は報酬が30,000円~加算されます。
    過払い金費用基本報酬(税別) 債権者1社につき30,000円 成功報酬(税別) 返還金額の13% ※訴訟の場合は15% 実費 ①通信費等 ②裁判所手数料(訴訟の目的の価額による) ③郵便切手代(各裁判所の規定による) 減額報酬(返済額が減額したことに対する報酬)はいただきません。

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴
    任意整理費用記載なし
    個人再生費用記載なし
    自己破産費用記載なし
    過払い金費用記載なし

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴分割払いのご相談にも応じます 法律相談は無料
    任意整理費用1社につき着手金30,000 報酬金減額報酬 0円 過払金回収額の20% 任意整理の結果、借金が減額となっても、成功報酬は頂いておりません。過払金を回収した場合のみ、報酬金が発生します。
    個人再生費用マイホームを手放す場合280,000 マイホームを残したい場合380,000
    自己破産費用個人180,000 事業主380,000~
    過払い金費用 借金を完済している場合 1社につき着手金10,000 報酬金過払金回収額の20% 借金を完済していない場合 1社につき着手金30,000 報酬金過払金回収額の20%

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴借金業者からの取り立てを停止します。
    任意整理費用着手金は、原則として次の額とします。 事業者の任意整理事件 50万円以上 非事業者の任意整理事件 債権者1社あたり2~3万円
    個人再生費用着手金は、資産や負債の額、関係人の数など事件の規模や事件処理に応じて定めますが、原則として次の額とします。 事業者の民事再生事件 100万円以上 小規模個人再生事件と給与所得者等再生事件 30万円
    自己破産費用記載なし
    過払い金費用記載なし

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴
    任意整理費用記載なし
    個人再生費用記載なし
    自己破産費用記載なし
    過払い金費用記載なし

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴依頼した時点で、ひとまずそれ以降の支払いはストップ
    任意整理費用着手金 3万2400円/1社~ 報酬金 減額分に対する報酬はいただきません。
    個人再生費用37万8000円~ * 債権者数や、個人・法人(事業主)の別、法人(事業主)の場合は業種等に応じて、定めさせていただきます。
    自己破産費用27万円~ * 債権者数や、個人・法人(事業主)の別、法人(事業主)の場合は業種等に応じて、定めさせていただきます。
    過払い金費用着手金 0円~ 報酬金 回収金の15%~20%

    大濠公園駅

    住所(大濠公園駅)
    債務整理の特徴着手金はいただきません。分割払いにも応じます。
    任意整理費用任意整理 ①:一社につき3万円 (別途実費5千円→1万円) 債務減額(借金の減額) ②:①+減少した額の10%
    個人再生費用(住宅ローン特例なし) 29万円(別途裁判所納付3万円) (住宅ローン特例あり) 41万円(別途裁判所納付3万円) (但し、債権者6社以上の場合、4社増加ごとに+5万円) 個人事業者の場合 +5万円→10万円追加あり)
    自己破産費用19.8万円 (別途裁判所納付2万円) (但し、債権者6社以上の場合、4社増加ごとに+4万円)
    過払い金費用③:①,②+取戻した金額の20% ※完済後の取戻しの場合は①の基本報酬3万円及び②の報酬は不要です。

    << 11件中 1-10件目 1/2ページ >>

    大濠公園駅の近隣の駅から債務整理できる事務所を探す

    赤坂駅(福岡県) 西鉄福岡(天神)駅 天神駅 薬院大通駅 天神南駅 渡辺通駅
    地域から債務整理できる事務所を探す

    初めての債務整理でおすすめの事務所

    全国の法律事務所を調査し、初めて債務整理を行う方に「問題への対応力・価格・評判・実績」を基準におすすめの事務所をピックアップしました。全国どこからでもWEBから簡単に無料相談できます。

    No.1 サンク総合法律事務所

    弁護士法人サンク総合法律事務所オールマイティー着手金0コスパ 樋口弁護士は優秀な弁護士であり、質が非常に高いにもかかわらず完済過払金請求の着手金がゼロ円とリーズナブルな料金設定になっている点がポイントです。借金額が多い人も少ない人も、男性も女性も相談のしやすくかつ費用は安いオールマイティーな弁護士事務所です。 詳しく見る

    No.2 司法書士法人杉山事務所

    司法書士法人杉山事務所 全国8拠点着手金0コスパ 全国8拠点の事務所があり、全国どこからでも相談可能。質が非常に高いにもかかわらず着手金がゼロ円の全国どこでも相談無料とリーズナブルな料金設定になっている点がポイントです。事務担当者などではなく最初から最後まで担当司法書士が受付・相談を行ってくれるので思い切ってすべてを打ち明けられます。 詳しく見る

    債務整理を考えている方におすすめのサービス

    今すぐ相談可能!弁護士法人アドバンス

    チャット形式で簡単に相談可能な債務整理相談。債務整理のご相談は何度でも無料。明朗会計でわかりやすく説明してくれます。3万人を超える任意整理・過払い金回収の実績があるスタッフが常駐しているので素早い対応で悩みや心配ごとを解決してくれます。

    債務整理無料診断シミュレーター

    3分で債務整理したらどれくらい減額できるのかシミュレーションすることができます。無料・匿名で利用できるので、とりあえず現状を把握したい方におすすめです。しつこい営業などもありません。

    借金の基礎知識

    1. 借金できる額には上限がある!おまとめローンの危険性|総量規制
    2. 借りる前に知っておきたい借金と利息の基礎知識を分かりやすく解説!
    3. 延滞・督促・訴状・差し押さえ?借金を返さないとどうなるのか?
    4. 借金で貸金業者からくる督促の5つのステップと対応方法
    5. 借金の取り立てにもルールが!債権者がやってはいけない10の行為
    6. 借金とブラックリストの詳しい解説|情報を消すことはできるのか?
    7. 借金残高を信用情報機関に確認する3つの方法と手続き
    8. 借金の時効が成立しなくなる5つのパターン|借入と時効の詳しい解説
    9. 間違えると危険!連帯保証人と保証人は全く別物!
    10. これだけは知っておきたいヤミ金融(ネオ闇金)の8つの手口と対策
    11. 違法な貸金業者「ソフトヤミ金」とは?特徴と手口を専門家が徹底解説
    12. 夜逃げのメリットデメリット。やめておいたほうがいい8つの理由
    13. 返済延滞時のペナルティ!遅延損害金や延滞利息とは?計算方法と対策
    14. ヤミ金からの借り入れがあっても債務整理できるのか?
    15. おまとめローンでの借金1本化の「落とし穴」と6つのデメリット
    16. ブラック情報は自分で消せるのか?早期に消すにはどうすればいいのか
    17. 「借金・ローン・クレカの審査の仕組み」どのように審査するのか?
    18. 自己破産すると生命保険を解約しなければならないのか?

    債務整理を始める前に知っておくと便利なこと

    1. 債務整理はいつ始めたらよいのか?タイミングは思ったより重要
    2. 債務整理は弁護士に頼まず自分一人でできるのか?調査してみた。
    3. 債務整理にかかる「費用・料金」を専門家が徹底解説
    4. 弁護士と司法書士の違い。どちらに依頼するべきか専門家が解説
    5. 債務整理する際の法テラスの使い方を専門家が解説

    任意整理の解説書

    1. 債務整理に強い弁護士・司法書士を見つけるための8つのポイント
    2. 専門家が語る任意整理の流れとメリットデメリット
    3. 任意整理について費用と実施の流れを分かりやすく解説する
    4. 弁護士司法書士に依頼すると返済の督促が即止まるのは本当?受任通知
    5. 任意整理によって借金が減る仕組みを専門家が分かりやすく解説
    6. 任意整理で借入先によって対応を変えることはできるのか?優先弁済の例
    7. 任意整理ができない場合はあるのか?具体ケースを専門家が紹介
    8. 家族や勤め先に知られずに任意整理をすることは可能か?専門家が検証
    9. 債務整理がクレジットカードに与える影響とは?専門家が解説
    10. 任意整理で携帯電話スマホはどうなるのか?利用し続ける方法とは
    11. 任意整理中に返済が困難になった場合にするべきこと
    12. 任意整理中にどうしてもお金が必要な時、借金は可能か?

    特定調停の解説書

    1. 特定調停による債務整理の流れを専門家が詳しく解説|特定調停①
    2. 特定調停による債務整理の注意すべき7つのポイント|特定調停②
    3. 特定調停のやり方・具体的な手続き|特定調停③

    個人再生の解説書

    1. 一番新しい債務整理の方法「個人再生」の手続きとは?
    2. 個人再生のメリットデメリットを専門家が詳しく解説
    3. 個人再生は2種類ある「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」
    4. 個人再生では、具体的にどのくらいの金額を返済するのか?
    5. 個人再生での再生計画の作成と認可の流れについて専門家が詳しく解説
    6. 個人再生の目玉「住宅ローン特則」について専門家が詳しく解説
    7. 個人再生で返済が厳しくなったときの対処法と2つのパターン
    8. 個人再生でハードシップ免責が認められる条件とは?
    9. 5000万を超える借金は個人再生できる?できない?様々なケースを解説
    10. 個人再生で住宅ローンを完済していると、なぜ返済額が増えるのか?
    11. 個人再生で不動産担保ローンがある人は注意が必要な理由とは?
    12. 《チャート式図解》個人再生で車が手元に残るかどうか?
    13. 個人再生で親戚や友人からの借金を別に返すことはできるか?
    14. 個人再生では退職金の取り扱いはどうなるのか?専門家が詳しく解説
    15. 夫婦ペアローンの場合の個人再生・債務整理について解説
    16. 個人再生すると滞納している家賃や光熱費はどうなるのか?

    自己破産の解説書

    1. 自己破産とよばれる手続きの概略について専門家が詳しく解説
    2. 自己破産の6つのメリットと8つのデメリット、破産のデマに要注意
    3. 破産するとどうなるのか?影響のある職業とは
    4. 破産しても借金の返済が免除されない非免責債権の7つのパターン
    5. 破産「管財事件」と「同時廃止事件」の違い。どのように決まるか?
    6. 個人破産は同時廃止が原則ではない。少額管財となる6つ条件とは
    7. 破産しても免責が認められない8つの理由とは?
    8. 破産による制限の終了「復権」とは?復権される5つのパターン
    9. 自己破産してもパソコン冷蔵庫テレビなどは差押え禁止!自由財産とは?
    10. 否認権とは?行使されると自己破産者に不利?注意すべきこととは
    11. 自己破産ができない5つのケースとは?破産障害事由
    12. 破産すると自宅・持ち家はどうなるか?絶対にやってはいけないこと
    13. 破産時に友人や親せきからの借金はどうなるのか?債権者平等の原則
    14. ギャンブル・FX・株・キャバクラ等の借金でも破産すると免責できる?
    15. 破産すると影響を受ける職業とは?士業・生命保険外交員・警備員
    16. 自己破産した場合の退職金はどうなる?どれくらい回収されるのか
    17. 自己破産すると、いつまで、どのように旅行に行けなくなるのか?

    過払い金の返還の解説書

    1. グレーゾーン金利とは?上限利率29.2%はいつ廃止になったのか?
    2. 過払い金の返還を求めようか迷ったら。注意すべき2つのポイント
    3. 過払い金を取り戻すまでの具体的な5つのステップと注意点
    4. 過払い金請求はブラックリストに載る?注意すべき2つの条件とは
    5. 過払い金請求の論点「取引分断」とは何か?専門家が解説

    その他のトピックス

    1. アルバイトや契約社員など非正規雇用者が債務整理する際の注意点
    2. 生活保護受給者が債務整理する際の注意点
    3. 会社役員や社長など経営者が債務整理する際の注意点
    4. 債務整理した後に起業・創業する場合の注意点とは?
    5. 60代以上の高齢者が債務整理する場合の注意すべきポイント
    6. 契約社員や派遣社員が債務整理する際のポイントを徹底解説
    7. 公務員が債務整理(自己破産個人再生など)する際の注意点とは?

    ※調査した時点での結果ですので、実際のデータと異なっている場合があります。間違いや掲載漏れなどありましたらお問い合わせからお知らせいただけますと幸いです。

    本サイトに記載されている数値は独自の調査により体系的にまとめたものです。全てのデータ等はデーターベースの著作物として保護されています。 内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。





    error: Content is protected !!